Web広告にお金を掛けるなんて無駄と思っている人が多くて困る

Web広告にお金を掛けるなんて無駄と思っている人が多くて困る
「ホームページを作ったら人がたくさん来てくれるだろう」って人が多すぎる。

また「デザインをカッコ良くすればお問い合わせがバンバン来る」って人も多いですね。
そもそも、超有名企業でもない限り検索されないし、人が来ないのが当然ですね。

photo credit: jkenning via photopin cc

実店舗でそこそこ有名だけどインターネット上ではそうでもないよ

実店舗が数店舗あって、売上も年間億単位の実績があっても、初めてホームページを持ってECサイトを作ったとしてもそんなに人は来なかった。

ホームページを公開する前に「ECサイトを運営するなら広告しないと駄目ですよ」と毎回打ち合わせ時に言っているのですが「うちはそんなことしなくても人がやってくる。それよりもカッコいいホームページを作って」と。

クライアントが言うならしょうがないですね。

アクセス解析を見ても、月に店舗名で検索してくる人なんて100人もいなかった。
ブログもやらない、SNSも面倒だからと言われる。ページが増えないし厳しいですね。

失敗するホームページ(ECサイト)

失敗するホームページ(ECサイト)
ホームページを公開してから、思ったような結果が出てこないのでクライアントのweb担当者から「今月は売上を○○万円を目標にしているので何とかなりませんか?」と無理なお願いも頂きます。

当然、最善は尽くしますが「厳しい」ということを伝えます。

最善=リスティング広告ですね。

となると広告費を出せますか?と聞くと「広告費は掛けられない」「そんなものにお金を掛けたくない」という答えが毎回返ってきます。

最初から広告費の予算を捻出というお話をしていましたが聞いてもらえず、広告費だけが原因ではないですが、結果失敗するホームページでした。

人はたくさん来てほしい
だけど広告費は出せない
だから何とかしろ!

無理ですね。

photo credit: ktpupp via photopin cc

失敗するとわかっててなんで依頼を受けたの?

こちらも、最初から失敗するホームページなんて作りたくありませんよ。
しかしお金を出すのはクライアントだし、クライアントの「満足」を得られるかどうかなんです。

こちらが「このやり方はまずいので、こういう提案はどうですか?」と言っても聞いてもらえず、ホームページ公開日だけが近づいてくる。

それにもかかわらず、クライアントの要求だけがドンドン大きくなって、こちらのプロの意見はほとんど却下される。こちらも生活がかかっているのでクライアントの要求どおりに作ります。

失敗するホームページ(ECサイト)のまとめ

実店舗の実績は考えない

実店舗の実績・名前 =(イコール) インターネット上ではない。

初めてホームページ作るなら、無名です。

意見をちゃんと聞いて

こちらは、ホームページの制作のプロなので意見をちゃんと聞いてほしい。

期日は守って

会社概要、実績などのコンテンツ内容は、こちらではわからないので「○日までにエクセル、ワードでもいいので送ってください」とお願いしても出てこない。挙句の果てに「そちらで考えておいて」と丸投げ。

または、ライバル会社の内容を真似して作ってとか過去にありました。

広告費を考えて

ホームページ完成で終わりではありません。
ちゃんと広告しないと人は来ませんよ。

広告費を含めた予算もしっかりと考えてください。
ホームページ制作費しか頂けないなら、制作だけです。

企業のWeb担当者も勉強して

Web担当と言うわりにWebのことを知らない人が多いです。上から「インターネット詳しいそうだからやっといて」と言われてなった人もいました。担当になったからには最低限のことは勉強をしてほしいです。

Web広告にお金を掛けるなんて無駄と思っている人が多くて困る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*