ロリポップ!サーバーの独自SSL(無料)の設定手順!

やっとこのブログをSSL化しました。
このブログはロリポップサーバーで運営をしていて独自SSLが無料で設定できます。

今回はSSL化した手順をご紹介していきます!

SSLはネットの通信暗号化し、サイト訪問者の秘密をまもります

出典:ロリポップ

WebサイトをSSL化する

Googleがウェブマスター向け公式ブログで、「HTTPS ページが優先的にインデックスに登録されるようになります」とアナウンスしています。

WebサイトをSSL化をすれば優先的にGoogleの検索結果に登録されるようになりますのでWebサイト管理している人はSSL化にしましょう。

また今まではお問い合わせフォームなど個人情報を扱うページにSSLをつけていましたが今はWebサイト全体にSSLする必要があります。

SSLとは?
Secure Sockets Layerの頭文字をとってSSLと呼んでいます。
インターネット上で大事なデータを暗号化して情報を送ったり、受け取ったりする仕組みです。
お問い合わせフォームやショッピングサイトで個人情報やクレジットカードの情報を入力して送信するときに大事なデータを暗号化して安全に処理することができます。

なのでSSL化されているWebサイトは安心して閲覧をすることができます。

ロリポップの独自SSLはとても簡単で慣れてしまえば15分でSSL化ができます。
さっそくこのブログをSSL化させていきます!

ロリポップサーバーでのサイトのSSL化までの手順

ロリポップの管理画面に入って「セキュリティ」→「独自SSL証明書導入」をクリックしてください!

独自SSL証明書導入

独自SSL証明書導入のページに画面が遷移します。
画面が遷移すると「独自SSL(無料)」の項目が出てきます。

独自SSL(無料)一覧

SSL化したいサイトを選択する

SSL化したいWebサイトの確認

私の場合、今回はこのブログ(sedoriplan.com)をSSL化したいのでチェックボックスにチェックを入れます。

SSL化したいWebサイトにチェックをつける

「独自SSL(無料)を設定する」のボタンを押します。

ロリポップ側でSSLの設定作業

SSL設定作業中

「独自SSL(無料)を設定する」のボタンを押したら、ロリポップ側でSSL設定作業が始まります。設定中はこちら側で何もできないので5~10分ぐらい待ちます。

保護されています

時間がたつと「保護されています」と表示されます。
同じく下のwww.sedoriplan.comもチェックしてSSL化させます。

SSL化の下準備完了

独自SSLで保護されているサイト

wwwなしとwwwありのsedoriplan.comが無事にSSL化できました。
これで終わりではありません。

ブラウザで確認する必要がありますし、wordpressでこのブログを構築しているのでURLの変更もしないといけません。

ブラウザでSSL化の確認

あああ

私はよくFirefoxのブラウザを使いますのでFirefoxでのブラウザで確認します。
URLがあるところに「https://sedoriplan.com」と入力します。表示されますが、鍵マークのところにビックリマークがついています。

このビックリマークがついていると、SSL化になっていません

エラーになったときの確認事項

  • ページ内のメニューなどのリンクがhttpから始めっているリンク
  • 画像のパスがhttpsになっていない

主な原因は上記の二つがよくあります。

エラーがなくなるまでしっかり確認していきます。

エラーがなくなりました

URLの統一

SSL化によって、このブログのURLがhttps://sedoriplan.comになりました。

しかし、今のままではhttp://sedoriplan.comの「s」のなしのURLでも閲覧ができますので、http://sedoriplan.comのURLでアクセスがあったら、https://sedoriplan.comへリダイレクト(自動で飛ばす)をかけます。

ロリポップFTP

ロリポップの管理画面から「サーバーの管理・設定」→「ロリポップ!FTP」をクリックしてください!

「htaccess」ファイルに記述を追加します。

htaccessに書き込む

WordPressで構築しているのでhtaccessファイルは既にあります。
それとWordPressの記述があるので間違えて消さないようにしてください。

htaccessの中

既に書かれているのがWordPressで使われている記述です。
この記述の上に、リダイレクトの記述を追記します。

追記するコード

下記の記述をコピペで張り付けてください。

htaccessファイルを変更して保存します。
これでリダイレクトの設定が出来ました。httpsの「s」なしのURLでアクセスしてきても自動でhttpsのURLへ飛ばす設定が出来ました。

WordPress アドレスとサイトアドレスの変更

最後にWordPressのURLの変更をします。

WordPress内のアドレスとサイトアドレスを変更

アドレスとサイトアドレスのURLに「s」をつけます。
http://sedoriplan.com → https://sedoriplan.com

以上がロリポップサーバーでWordPressのサイトをSSL化する手順のご紹介でした。

まとめ

  • ロリポップの管理画面からSSL化したいサイトを選択する
  • ブラウザでSSL化の確認
  • ページ内のリンク、画像などのリンクなどをチェックする
  • htaccessファイルでURLの統一
  • WordPressの管理画面からアドレスとサイトアドレスの変更

上記の注意点、ポイントを押さえればロリポップサーバーでのSSL化は簡単にできます。
作業量は少ないのでまだSSL化していない場合はすぐにロリポップの独自SSL化にしましょう!

ロリポップ!サーバーの独自SSL(無料)の設定手順!