フリーランスで営業(仕事の獲得)ってどうしたらいいの?

フリーランスで営業(仕事の獲得)ってどうしたらいいの?

今現時点で独立(フリーで活動)されている方、また独立(フリーランス)をしようとしている方にとって仕事の獲得は必須事項です。仕事が勝手に舞い込んでくることはないのでどうしたらいいのか?

わたしも初めて独立して仕事書くときには苦労しました。会社にいたときはクライアントに呼ばれて「仕事を頂いていました」ので獲得が難しいとはさほど思っていませんでした。

実際に仕事を獲得をするにはどうしたらいいですか?と質問を頂きますので解説していきたいと思います。

独立の条件として

  • 1人でフルコーディングできる
  • WordPressの構築が出来る
  • デザインソフトが使える
  • コミュニケーションが取れる

これぐらいは最低限できるようにしてほしい

photo credit: MY INSURANCE GUY via photopin (license)

営業する前に準備すること

準備を何もしていなければ営業しに行っても無駄に終わってしまいます。自分を知ってもらう、仕事をもらうための準備は必要です。

クリエーターならポートフォリオは用意したいです。しかし技術的なことを書いたポートフォリオより担当者の方に自分が何が出来るか、どんな仕事がしたいかを伝えるほうが大事です。

自分が出来ること

自分に仕事を頼むとこんなことが出来ますと伝えること。

私は「Webサイトが作れます」だけではその辺のWeb制作会社と変らないしクライアントからしてみたら違いがわかりません。

  • 通常1週間かかるところを4日で終らせるスピード作業
  • 土日対応いたします

など自分が無理のない範囲でいいのでアピールできることがあればしてください。経験上、スピード対応すると感謝されてまた仕事の依頼も来ることが多いです。技術のことより作業の速さのほうが感謝されることがあります。

名刺・Webサイトを作る

最初はカッコいいデザインの名詞ではなくていいです。シンプルに肩書き(Webデザイナー)と名前とメールアドレス、電話番号が載っていれば大丈夫です。

余力のある人は名詞の裏に自分が出来ることを箇条書きでもいいので掲載をしておくといいです。

URLお客さんに覚えてもらえる、印象に残る名刺

またWebサイトを作るようにしてください。プロフィール、事業内容、自分の強みや実績など掲載してください。

営業(仕事)をする

いきなり仕事ありますか?って仕事の話をするのではなく、世間話ぐらいから始めて仲良くなったほうがいいです。クライアントが興味のある趣味の話などをして仲良くなってください。

仲良くなってくるといろいろ打ち解けて話をしますのでそこから仕事に繋がることがあります。

クライアントの御用聞きになる

Webがすべての仕事ではありません。
先ほどでも話したように仲良くなっているとパソコンに関する悩み、困りごとなど相談されます。

  • 使っているパソコンが古くなってきたので新しくしたい
  • エクセルの使い方を教えてほしい
  • アプリを作りたい

など相談されたことがあります。エクセルの使い方は他にも社内に教えてほしい人がいたら2時間ぐらいの講習として教えればお互いがWin-Winの関係になります。

Webだけが仕事ではありません。

同業種のフリーランス

同業種のフリーランスと交流を持ちましょう。技術の相談だったり、フリーランスで悩んでいることを相談が出来ます。自分がもらった仕事で自分の得意分野でないときに仕事をお願いできるかもしれません。

逆に、同業種のフリーランスの方から仕事を振ってもらえることがあります。わたしも同業種のフリーランスの方から2ヶ月に1回ぐらいコーディングの仕事を頂いています。

まとめ

最初に説明しました準備をしてください。そのあとはたくさんの人と会ってお話をしてください。独立したての方は、まずはセミナー参加をして同業種のフリーランスの方と名刺交換からしましょう。

情報交換だったりして仲良くなってみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*