おすすめグッズや役立つ情報ブログ

Sedori Plan

バスケ ライフハック

怪我をさせる可能性があるプレーヤーへの対処法がわからない【バスケ】

更新日:

怪我をさせる可能性があるプレーヤーへの対処法がわからない【バスケ】

自分の思い通りにならないとイライラしませんか?
わたしはイライラすることが多いので、この性格は直さないといけないなと反省しつつイライラしています。自分の生活の一部となっている「バスケ」でよくイライラします。

photo credit: Nicholas via photopin (license)

ことの発端は、ゲストとして参加させてもらっているバスケチームの練習です。このチームには10年ほどお世話になっていてほとんどの人とが年配で、数人若者がいるバスケチームです。

お世辞にも上手いとは言えないチームですがわたしにとっては個人練習のためし場みたいなところがあって参加させてもらっています。このチームへの参加しているときはほとんどパスに徹しているので自分から点を取りに行くことはあまりやっていません。このチームのモットーがエンジョイバスケなので。

自分のチームのメンバーにも「何であのチームに練習参加するんですか?」「そんなチームに参加するならうちの練習にさんかしてください」と声をかけてもらうのですが、いろいろと技を試せるので参加しています。

冒頭でも言いましたが年配が多いバスケチームなのでオフェンス時にパスしたらボールサイドカット、逆サイドへ行ってスペースを空けるなど基本の動きが出来ない人たちが多いです。

パスが繋がらない、ディフェンスがマークしているのにパスを出す、シュートが届かないといろいろひどいですがみんな楽しそうに自分なりに楽しんでバスケをやっています。

他のメンバーに怪我を負わせる可能性があるプレーヤー

年配の中に混じってバスケをしているのはわたしのほかにもいます。年齢は知りませんが私と年が近いと思います。ほとんどしゃべらない人でバスケ経験者ぐらいとしか知らない人です。

  • とにかくファールがひどい
  • ノーマークでのシュートを落とす
  • リバウンドの時に体当たりしてくる

年配、女性プレーヤーへの体当たりで止めるディフェンス、ランニングリバウンドでの飛び込み時に他のプレーヤへフライングボディーアタックなど1クォーターでファールは3個はありますね。

このまま放置しておくと他のプレーヤーに怪我を負わせることになるので審判している時は厳しく吹いています。

こういったプレーヤーには注意と言うかお願いをしているのですが、何年も変らないプレーをしているのでイライラしています。怪我させちゃったらダメでしょう。

わたしと違うチームの場合は、このプレーヤーにマンツーマンでわたしが付けば問題ないのですが同じチームの場合はどうしようもないですね。

イライラというか、怪我をさせないかハラハラもしています。

自分がファールしている意識、これ以上やるとファールがわからないんだろうか。経験がないことなので困っています。一生懸命か?と言われると一生懸命やっているとは思えないし悩ましい。

怪我人を出さないために、毎回チームを分けてもらおうかな。今のところ解決策はわたしが彼をマンツーマンディフェンスすれば他の人へのファールは減ります。

わたしは、いろいろファールされていますが筋トレしているんで大丈夫です。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

toney

サイトの構築、プログラムを制作をしていますtoneyと申します。中小企業、個人のホームページの制作、更新作業も承ります。 筋トレで自分を追い込んでいくのが楽しみです。最近マラソンにはまって2年連続名古屋シティマラソンに出ました。

-バスケ, ライフハック

Copyright© Sedori Plan , 2018 All Rights Reserved.