パソコンが遅い!Windows7 物理メモリーを下げる方法

パソコンが遅い!Windows7 物理メモリーを下げる方法

パソコンを長時間使っていると動きが遅くなります。使っているパソコンはWindows7で買って3年立ちます。

デザインソフト、コーディングソフト(イラストレーター、フォトショップ、Dreamweaver)、検証にクローム、firefoxなどを同時に使っているのでパソコンの動きが遅くなると仕事に支障がでます。

photo credit: Mon bureau du jour via photopin (license)

windowsタスクマネージャーを開く

「Ctrl+Alt+Delete」を押すとタスクマネージャーが開きます。

windowsタスクマネージャーを開く

これを開くことによって何が今使われているのかがわかります。

パフォーマンス

パフォーマンス

メモリがかなり使用しています。これぐらいになると反応が遅くなります。

プロセス

プロセス

メモリ(プライベートワーキングセット)で一番消費しているのがexplorer.exeです。このexplorer.exeを選択してプロセス終了をします。

終了したらツールバーとか表示されなくなります。タスクマネージャーは表示されたままです。

新しいタスクの作成

新しいタスクの作成

タスクマネージャーの「ファイル」→「新しいタスクの実行」で上記の画面が表示されますので名前の欄にexplorer.exeと入力すると再びツールバーなど表示されて元に戻ります。

メモリの使用量が下がる

メモリの使用料が下がる

快適にパソコンを使うために

常駐アプリを止めたり、不要なファイルの削除などやっておきましょう。動きが遅くなるとストレスになりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*