バスケでシュートが上手くなるの練習メニューの考え

バスケでシュートが上手くなるの練習メニュー
わたしは、練習に参加できていないチームを含め5チームぐらい選手登録しております。

チームによっていろいろ練習メニューがあります。しかし練習するにはいろいろ問題が生じてきます。一番の問題は練習に人数が集まらないことです。

いままでたくさんのチームの練習に参加させていただきました。どこのチームに参加してもこの問題がありますね。

photo credit: kurros via photopin cc

わたしのチームの練習メニュー

わたしは、チームを持っています。
体育館を取ったり、練習メニューも全て自分ひとりで考えて、練習メニューはメンバーに意見をしてもらっています。

私の練習メニュー

・ランニング
・ストレッチ
・ハンドリング
・フットワーク
・ラダー
・筋トレ
・シューティング

です。これを時間開始になったら1人でも始めています。
この練習は、基礎体力とシューティングをメインに組んで2年続けています。
特にシューティングのメニューに時間を費やしています。1時間ぐらい取っています。

チームメイトからも好評で「シュート率が上がっていますよ」「前よりも動けるようになりました」など言ってもらってます。

シューティングメニューの理由

シューティングメニューの理由
photo credit: clappstar via photopin cc

ただのシューティング練習ではありません。
いろいろな場面を想定してのシューティング練習をしています。

ここに時間をかけるには理由があります。

学生のときの部活みたいに毎日バスケが出来るわけではないので、シューティングの時間がバスケを楽しむためには重要となってきます。シュートが決まるとうれしいです。どんなシュートでも決まるとテンションが決まります。

シュートが上手くなるには、いろいろな場面のシュートを繰り返し練習することです!

まとめ

わたしの個人の考えですが、バスケットは自分が打ったシュートが決まるとうれしいです。なのでチーム練習も大事ですがシューティングの時間を取って練習するのも大事だと考えます。

バスケでシュートが上手くなるの練習メニュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*