30歳越えてもまだバスケが上手くなりたい!

30歳越えてもまだバスケが上手くなりたい!
わたしは、中学生のときにバスケットを始めて30歳越えても今まだバスケットを続けています。

もう、趣味の域を超えて生活の習慣になっています。
プロ選手でもないし、バスケットを続けてもお金にならないし、何で続けているんだろうと思っている人もいますが

バスケットが好き

この一言に尽きます。

photo credit: fabbio via photopin cc

社会人になってもバスケットがうまくなるためには?

社会人になってもバスケットがうまくなるためには?

photo credit: Martin Gommel via photopin cc

バスケット以外にも通じるものがあると思います。

「バスケットが好きだけどプロになれなかった」
「社会人になってもサッカーが好き」
「バレーボールが好き」

いろいろ想いがあります。
学生のときは、授業が終ったら部活が当たり前でした。毎日練習が出来ました。部活をしに学校に行っていたようなものです。

しかし、社会人になるとそうはいきません。
仕事が忙しくてバスケをやる時間が無い、残業があったり、転勤があったり、夜勤があったりいろいろあります。

でも間違いなく言えるのは、

上手くなるにはどれだけバスケットに時間を費やせるか?

これしかないと思ってます。練習をすればするほど、体力付きます、シュート率が上がります。練習をしなければ、体力は落ちます、シュート率が落ちます。バスケットはハビットスポーツ(習慣スポーツ)に近いので上手くなるか、ならないかは練習にどれだけ参加できるかが鍵になってきます。

本気で上手くなろうと思っているなら練習に参加しよう!

30歳越えてもまだバスケが上手くなりたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*