自信がなくてもすぐに行動に移せる人が結果を出す可能性が高い

自信がなくてもすぐに行動に移せる人が結果を出す可能性が高い

「自信がない」「フリーランスになってやっていけますか」「どの技術があればフリーでやっていけますか」と相談されます。わたしはフリーランスになって3年もがきながら細々とやっています。

勤めていた会社の中でWordpressの知識、構築、カスタマイズ、CSS、PHPのことの案件が来るとディレクターがまず私に相談してきました。大体のことはわかるのですが結果仕事を請けてみてみないとわからないこともありましたが結局は請けてわからなかったら調べながらもやるということです。

仕事の案件内容が知識が少しでもあると頑張って調べればなんとかやっていけます。結果的に「やっていける自信よりも、とりあえず行動する(請ける)」のほうが結果的に上手くいくとわかりました。

photo credit: Bungee via photopin (license)

やっていける自信がなければ行動できない

フリーランスでやっていけるかどうかはやってみないとわかりません。初めてWeb制作会社へ入る時を思い出してください。不安だらけだけでしたが入ったら必死で頑張るし何事にもやってみないとわからないものです。

行動をしない限り時間がどんどん過ぎていってしまいます。

上手くいく保証はない

上手くいくかどうかの保証はありません。

会社員でいるほうが会社に守られていて安泰はしますが、会社が倒産という話もチラホラ聞きます。不安があるけどなかなか行動にできないけど不安になっているなら少しでも時間を見つけて新しい技術の取得だったり、趣味のことを楽しんだりしたほうがいい。

不安に感じているなら何か行動をしよう!

すぐに行動に移せる人は成功の可能性が高い

自分のまわりに「フットワークが軽い人だな」「行動が早い」人いませんか?こういう人は何かやろうと決めたら即行動して結果を出していく人が多いです。

何かをやろうとするには「これ上手くいくかな」「まずは計画を立てないと」と行動にすばやく移せない人は、結局やらないんです。行動した結果、成功か失敗かが出るのでまずは行動にすばやく移せる人になろう!

もし失敗したら

行動したら失敗することもありますが、この失敗は今後の自分の成功の経験値になります。なので失敗を気にせずどんどん新しいことにチャレンジしていきましょう。

失敗してへこんでいる暇なんてないですよ。

出来ないところを他の人にお願いする

例えば案件で「html、cssでコーディングをしてムーバブルタイプで構築する」があった場合、自分が出来るのは「html、cssでコーディング」としてムーバブルタイプの構築は出来ないとします。

周りにムーバブルタイプの構築ができる人がいるなら外注をしてみましょう。知り合いにいない場合はクラウドワークスなどにお願いするのも一つの手です。全くムーバブルタイプが出来なくても出来るところは作業して出来ないところは他の人にお願いをすることが出来ると扱う案件が増えてきます。

まとめ

フリーランスになるために会社をやめて自分で営業をしてやったけど上手くいかなかった人もいます。しかしこの失敗はのちに役に立ちます。フリーランスでやっていくことに自分は合っていなかったという人もいて、会社に戻った人もいます。

フリーランスになってみたい!と言う人はすぐにでも自分できることから行動してください!行動をしない限り何も始まりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*