野球の暗黙のルールって? バスケには無いよ

野球の暗黙のルールって? バスケには無いよ
yahooニュースで「健大高崎は“暗黙のルール” を破ったのか」の記事がありました。

健大高崎(群馬)は、チームのスローガン「機動破壊」をそのまま甲子園の舞台で表現した。計11盗塁で引っ掻き回して10-0。走って走って走りまくって、初出場の利府(宮城)を下し3回戦へ駒を進めた。

試合内容的にも野球素人の私からしたら問題ないと思いますが。。。
全力でプレーをした結果大差がついただけじゃないのかな。

photo credit: val.pearl via photopin cc

野球の暗黙のルール

調べたらいくつかありました。

攻撃側

・大差(概ね5点以上)でリードしている攻撃側は6回以降で、
 カウント3ボール-0ストライクから打ちにいってはいけない。
 バントなどの戦術をとってはいけない。
 盗塁(暴投、捕逸、失策、牽制球、ディレードスチールを含む。ただし、オートマチックスタートは可。)をしてはいけない。
 きわどい投球はなるべく打ちに行き、四球連続による試合遅延を避ける。
・打席に立つとき過度に足場を固めてはならない。
・(日本では)引退試合の投手からは打ってはならない。
・打つ際、打席の外から足をはみ出したり、レガース、プロテクターをつけて覆いかぶさったりしてはならない。
・四球のあとホームベースにバットを置いてはいけない。
・併殺打を防ぐなどの目的で危険なスライディング(スパイクシューズの裏を野手の体に向けるなど)をしてはいけない。
・打者は本塁打を打っても立ち止まって打球の行方を追ったり、大げさにガッツポーズをとったり、わざとゆっくりとダイヤモンドを回ってはいけない。
・ノーヒットノーランや完全試合の阻止(あるいは投手タイトルがかかっている場面も含む)のみを目的としたバントはいけない。
・連続本塁打後の初球を打ちに行ってはならない。
・死球を受けてもその箇所をさすって派手に痛がってはいけない。
・相手投手がマウンドで投球練習中に、ダートサークル内に入ってはいけない。
・走者が三塁(一塁)付近でアウトになるなどして一塁や一塁側(三塁側)ダグアウトに戻る際、マウンドを横切ってはならない。
・打者が打席に入る際、球審や捕手の前を横切ってはいけない。
・捕手のサインを盗み見てはいけない。また二塁走者が打者にサインを教えてもいけない。
・一塁にヘッドスライディングしてはいけない。
・ゴロの凡打を放った際、アウトになるとわかっていても全力疾走する。
・投手の集中を妨害するために話しかけたりしてはいけない。

守備側

・投手は三振を奪ったときや、スリーアウトを取ったときに過度にガッツポーズをしてはいけない。
・投手は回の途中で交代させられてもすぐにロッカールームに引き上げず、少なくともその回が終わるまではベンチにとどまらなくてはいけない。
・投手は野手に文句を言ってはいけな。
・ボールカウントが3ボール0ストライクになったときには直球を投げる。
・ボールカウントが0ボール2ストライクになったときには次の1球はボール球を投げる。
・相手バッターの誕生日のときには、最低1打席は甘い球を投げて打たせてあげなければならない。
・相手バッターの引退試合のときには、最低1打席は甘い球を投げて打たせてあげなければならない。
・味方投手がノーヒット投球を継続中のときは、その件をベンチで話題にしてはならない。
・(日本では)あと数打席でやめていく選手に変化球を投げてはならない。

参考http://fesoku.net/archives/6601221.html

お、おぅ。たくさんあるのね。本当にあるのか分からないけど。。。
理解できるルールもあるけど理解できないルールもあります。

今回の健大高崎の機動力を活かした野球で勝ったけど一部では批判的な声上がっているみたい。

「対戦相手を侮辱するにも程がある」
「野球の技術は教えても点差が開らくと盗塁しないというマナーは教えないようだ」

う~ん、全力で戦って大差が付くのはしょうがないし、地方の大会だとコールドがあるそうですが、甲子園での大会ではコールドはないので最後まで全力プレーをするのは当たり前だと思います。

これ以上点を取って対戦相手に恥をかかせるな?的なこともあるのかな。

バスケには暗黙のルールはない

大差が付いていようがタイムアップまで全力でプレーします。

以前話題になった「【高校女子バスケ】全国王者の桜花学園が「268ー0」で勝利、敗れた選手のツイッターが泣ける

【高校女子バスケ】全国王者の桜花学園が「268ー0」で勝利、敗れた選手のツイッターが泣ける

どっかのマンガで「バスケに完封は無い」って誰かが言ったセリフがあったんだけど、さすがにこの結果は目を疑いました。試合を実際に見てはないので詳しくは分かりませんが、対戦した選手がツイッターで

本当に悔しい。 でも、本当に心から楽しんで 試合でも何度も笑顔になりました! 本当に強かった。体当たってもびくともしないし こっちから当たったのにこっちが吹っ飛ばされるし! 桜花学園、本当に強かった! 本当にありがとうございました! 今年もまた、 三冠してください!!!!

全力を出したけど、結果大差で負けた。ツイッター内容を読んで試合に負けたけど桜花学園にエールを送ってるし、桜花学園も全力で試合したのではないでしょうか。

実際、バスケで100点取ろうと思ったら簡単に取れないです。ましてや200点越えってすごいな。バスケは野球と違ってコールドがありません。どんな試合でも40分戦わないといけないです。

バスケの経験上、大差が付くと勝っているチームはどうしても気が緩んでしまいます。そういうときに点数を取られやすいです。大差離れていても、相手に同情するとかルールないし、むしろ0点に抑えた桜花学園もすごいです。

野球の暗黙のルールってめんどくさいですね。
「全力でプレーした結果大差が付いた」→「最後まで全力プレーをした」でいいんじゃないかな。

野球の暗黙のルールって? バスケには無いよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*