ビジネスプランもないのにフリーランスに挑戦した理由

ビジネスプランもないのにフリーランスに挑戦した理由

フリーランスになって3年がたちました。
当初は、仕事がない時期が数ヶ月続いてビジネスプランがないし、行き当たりばったりでやっていました。当初はかなり焦りました。やばい、これじゃあ生活できない。。

焦りすぎて、当時facebook全盛期だったのでfacebookページがないところへ飛び込み営業したり、Webサイトリニューアルしませんか?といって一日中歩いていましたね。

今では営業のおかげで仕事を振っていただけるクライアントに出会いましたので、収入の柱となるぐらいの仕事量なので日々働いている状態です。せっかくのフリーランスなので仕事をする時間をまとめて、休みの日を増やしていこうと考えています。

photo credit: Tears via photopin (license)

勤めていたWeb制作会社が嫌になった

ディレクターの言っていることがわからなく指示があいまいで制作する前にディレクターに確認すると一番手間のかかるやり方でクライアントと契約してしまっていろいろと大変でした。毎日終電は当たり前で、徹夜することもしばしばあって体調も悪くなりました。

この生活をずっと続けるのか?と自分に問いかけてみました。

いつかは自分で会社を持ちたいと考えていましたが、このまま勤めていると身体が先に壊れそうだったのでフリーランスとして独立することにしました。

準備もできないままビジネスプラン、クライアントもないままでした。すべてがゼロからの出発でした。

自分でやるなら仕事を選ぼう

会社に勤めていた時にこの仕事だけはやりたくないって仕事はやらない。
自分のやりたい仕事だけを選ぶようにしていました。選ぶとなかなか新米フリーランスには仕事がなく、人脈もない。焦りました。

一時金として不用品をヤフオクで売ってみたりしいて凌ぎました。当然せどりもやりましたが仕入れが大変で毎回良い商品を仕入れることができないですのでいまでは細々とやっています。

今ではWeb制作の定期更新をいくつか頂いて、クライアントも拡大しております。Webサイトの構築を月に1個、リニューアルもやって自分の趣味の時間を増やしております。

同業者のフリーランスの方と知り合いになる

フリーランスになりたての方はセミナーに積極的に参加しましょう。
そこで同業者のフリーランスの方と知り合いになって連絡を情報交換などをして仲良くなってください。

先輩フリーランスからもしかしたら仕事を振っていただけるようになるかもしれないし、あなたの技術を必要とする仕事があるかもしれません。

同じフリーランス同士、不安なところなど共有できるところが多いです。アドバイスをもらったりできるので名刺はたくさん持っておきましょう。

フリーランスが合わない人

思い切ってフリーランスになったけどやっぱり会社勤めのほうがいいと人も出てきますのでそれは問題ないです。前に務めていた会社に連絡をとってもう一度雇ってもらうなり、新しい会社へ勤めるなりしてください。

まとめ

わたしの考えでは、仕事がなくても続ければいつかは目が出ると思います。しかしやめてしまっては何も出ません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*