【バスケ】体力は誰でもつく!体力がない人は練習で走ってないだけ

【バスケ】体力は誰でもつく!体力がない人は練習で走ってないだけ

中学から始めたバスケで今も思うのが体力がないと上手くなれないです。体力をつけるのにセンス、スキルは必要ありません。特別な練習器具、練習メニューも必要ありません。

真剣に練習に取り組んでいるか

ゲームみたいにレベルアップや、体力が数値で見えるわけでもない。なのでひたすら練習の中で走るしかありません。社会人だと週に3回練習できればバスケを多くやっていると言われます。練習時間も1時間30分くらいです。

この限られた時間の中でどれだけ真剣に練習に取り組んで走っているかが大事なのです。練習に参加するけどすぐには体力はつきませんが半年も練習で走っていれば体力は確実につきます。

たった1時間30分も真剣に取り組めないのか?

ただ練習に参加していれば体力はつくのか?そうではありません。練習でもチームメイトと談笑しながらでも時間は過ぎていきます。プロとしてやっていないので手を抜こうと思ったらいくらでもサボれます。

試合で活躍したい! 勝ちたいと思って練習に取り組んでいるけど、それでも体力がつかない人は練習で走っていないんです。1時間30分の練習で走っていないんです。

とにかく走れ!

どうやったら体力がつくかわからない人もいるかもしれませんが、私は練習の中でしっかりサボらず走れば、練習以外での体力つくりは必要ないと思っています。

5対5の練習で自分の動きを思い出してください。

  • 味方がディフェンスリバウンドを取ったら走り出しているか?
  • ミスしたらすぐにディフェンスに戻っていますか?
  • ボールサイドカットをしていますか?

この辺りで手を抜いている人は体力はつかないです。しっかり走れている人は体力は確実についていきます。体力がつくと動きに余裕が出てきてもっと上手くなれますよ。