バスケがうまくなるために自分のプレーを動画で見ること

バスケがうまくなるために自分のプレーを動画で見ること

私がバスケに興味を持ち始めたのが小学校の時にスラムダンクを読んでからです。

当時はJリーグ開幕から3年ぐらい立っていたのでクラスのほとんどの友達がサッカー部に入っていて私もさほどサッカーに興味が無くてもサッカー部に所属していました。

サッカーに情熱があったわけでもないし、リフティングも20回出来るかのレベルでした。クラスの何人かは部活以外でのクラブチームに所属したので私より断然うまいので私がサッカーの試合で出場したのは数回程度でした。

中学は転校したのでまたサッカー部に入るのかなと思ったけど、ここは違うスポーツで頑張ってみようと思ってバスケ部に入りましたね。

photo credit: gus_estrella via photopin cc

NBAプレーヤーに興味が沸く

当時はNBAと言ったらマイケルジョーダンでしたね。

マイケルジョーダン

photo credit: symphony of love via photopin cc

雑誌やら、バスケのビデオを見まくりました。マイケルジョーダンのプレーを真似したりして友達と1on1やったり、ジョーダンとピッペンのコンビプレーなど参考にしました。

NBA選手のプレーは参考にしたりしますがほとんどが出来ないですね。ダンクシュート、ありえないぐらいのフェーダウェイシュートなどあって日本人には出来ないかな。中学校のころは食い入る様に何度もビデオを見て動きを真似しましたが、NBAプレーヤの失敗(ターンオーバー)なども見てきました。

当時はビデオのおかげで「いつかは俺もNBAでプレーしたい!」って夢を見たりしましたね。

自分のプレーを見る

自分のプレーを見る

中学、高校とバスケやって今も続けていますが自分のプレーを動画で見るということはほとんどなかったです。

理由としては、動画を撮る機械がない、恥ずかしいなどです。

しかし今では動画は簡単に撮れます。iPhone一つで撮影が出来るので試しに練習でカメラを設置して1on1の様子を験し撮りしました。

photo credit: cackhanded via photopin cc

気がついたこと

みんなでは見ません。一人で帰ってうちで見ました。
見て気が付いたことはいくつかあって

  • ドリブルの姿勢が悪い
  • ジャンプシュートの高さがない
  • ディフェンスの距離が遠い

など自分のプレーの向上になることがわかりました。
自分に足りない部分を見つけてひたすら練習する

上手いプレーヤーに「センスがあるには勝てない」とは思わないでどうしたら勝てるか?一生懸命悩んだほうがいい結果に繋がると思って私は自分のプレーを見直します。

改善のポイントが明確になる

理想と違ったプレーが分かると思います。恥ずかしがらずに何度も見ましょう。改善のために練習を組んだり、筋トレしたり、身体の使い方を練習すればもっと上手くなります。

これは上手くなるためには年齢関係なく出来ることなので上を目指すプレーヤーならやったほうがいいですね。

まとめ

自分のプレーをみて改善することはたくさんあります。理想とかけ離れているかもしれませんが自分のプレーを見ることによってどんな体制でシュートを撃っているのか、ディフェンスの仕方など分かります。

バスケがうまくなるために自分のプレーを動画で見ること

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*