言っていることが深い!日本のプロ野球選手の名言を集めてみた

来年のプロ野球、大リーグで活躍する日本人選手とかどうのるのかな?

楽天の田中投手が気になるし、イチロー選手の移籍?(ヤフーニュースで色々トレードなど言われてます)、中日がどこまで上がってくるのか?も気になりますね。

そこで、今回は日本のプロ野球選手が発した名言を紹介したいと思います。

落合博満

落合博満

信じて投げて
打たれるのはいい。

信じて投げて打たれたのなら、
それは結果。

一番いけないのは、
やる前から打たれたらどうしよう
と考えること。

photo:http://number.bunshun.jp/

桑田真澄

桑田真澄

やるか、やらないかですよ、人生は。

やればそれだけのものが返ってくるし、

やらなければそのままですよ。

photo:http://matome.naver.jp/

野茂英雄

野茂英雄

挑戦すれば、
成功もあれば失敗もあります。

でも挑戦せずして
成功はありません。

何度も言いますが
挑戦しないことには
始まらないのです。

photo:http://blog.livedoor.jp/

星野仙一

星野仙一

迷ったら前へ。

苦しかったら前に。

つらかったら前に。

後悔するのはそのあと、

そのずっと後でいい。

photo:http://www.rakuteneagles.jp/

松井秀喜

松井秀喜

外国人選手のように肩が強くなければ、
捕ったらすぐに投げればいい。

脚力が劣れば、スタートの第一歩を
どうするかを考えたらいい。

自分は何で勝負出来るか
を考えることによって、
活路が見いだせるはずです。

photo:http://realtime.wsj.com/

野村克也

野村克也

伸び悩んだり、才能の限界にぶつかったりしたとき、「もう駄目だ」と諦めるか、「どうすればこれを突破できるか」と考えるか。一流と二流は、まさにそこでわかれる気がします。

photo:http://yusa007.exblog.jp/

ダルビッシュ有

ダルビッシュ有

土日の休みが消え、夏休みが消え、冬休みが消え
友達が遊んでいる時に練習していた。
だからこそ今がある

photo:http://news.goo.ne.jp/

佐々木主浩

佐々木主浩

僕はサインを頼まれると、「初心」と書き添えるんです。
自分が野球を続けていく上で、この言葉を大切にしています。
これだけ野球をやっていると、楽しさを失いかける時があります。
いつも「初心」と書くことで、その気持ちを忘れないようにしています。

photo:http://trend-comment.com/

上原浩治

上原浩治

浪人時代という挫折があったから、今のボクがあるのです。
あれが自分の原点です。

photo:http://blog.livedoor.jp/

長谷川滋利

長谷川滋利

成功というのは、他人が決めたことを達成するのではなく、
自分で決めたことを超えていくことなんだ。

photo:http://blog.livedoor.jp/

イチロー

イチロー

やってみて「ダメだ」とわかったことと、
はじめから「ダメだ」と言われたことは、違います。

photo:http://sportiva.shueisha.co.jp/

前田智徳

前田智徳

天才なら.380とか.390とか打ちますよ。僕は並の選手なんで.300くらいなんです。
野球の神様が、お前は選ばれた人間じゃないからここで怪我して頑張れよ、って試練を与えてくれたんだと思いますね。

photo:http://blog.hangame.co.jp/

伊良部秀輝

伊良部秀輝

ピンストライプのユニフォームの重さというのは経験者にしか分からない。

photo:http://blog.goo.ne.jp/

小笠原道大

小笠原道大

目の前のことをしっかり、一瞬、一瞬のプレーに気を抜かずにやる。
そうすれば自ずと光は見えてくる。

photo:http://trendnews070110.jp/

川相昌弘

川相昌弘

数パーセントでも可能性があれば、最後までかけるのが自分の二十一年間を支えてきたスタイルだ。

photo:http://homerun77.doorblog.jp/

工藤公康

工藤公康

教えることなんてできない。
本人にその気がなければ何を言っても同じです。

photo:http://www.spopara.net/

立浪和義

立浪和義

小さい身体がハンデだとは思いません。気持ちで負けない限りは。

photo:http://d.hatena.ne.jp/

言っていることが深い!日本のプロ野球選手の名言を集めてみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*