バスケが上手くなるために練習している私のバスケチームの練習スケジュール

バスケが上手くなるために練習している私のバスケチームの練習スケジュール

バスケの練習内容の時間ってどうやって決めてるのかな? いいシュートが決まるまで? 20本シュートが決まるまで? 気になるけど練習に参加している人ってあまり気にしてないんじゃないかな。 一応バスケチームを管理していて自分で練習メニューを決めたり体育館を予約したり、色々な道具を買って練習に取り入れたりしている一日の練習を追ってみました。

photo credit: h.koppdelaney via photopin cc

バスケの練習日・練習時間帯

  • 毎回練習は同じ体育館
  • 練習日は土曜日
  • 練習時間は午前中の9:00~12:00
  • 月の練習回数は3~5回

これは私が決めていることでこれ以外の時間で私が体育館を取ることは考えていません。理由もあって曜日・時間を固定しておくとスケジュールが立てやすいことです。 「土曜日の午前中はバスケがある」とチームメンバーにも伝えやすいし、午後からはフリーで遊びに行ったり、家族サービスも出来るように午前中に練習をしています。

時間が流動的だと1日がバスケで終ってしまうのでメンバーの参加率が下がってしまうという統計も出ましたのもあります。

私は午前中自分のチームのバスケをして夜に他のチームのバスケの練習に参加したりしているので1日中バスケしてます(笑)

9時5分前ぐらいに体育館に着く

私が許可書を持っているのでチームで一番に着きます。
許可書を見せて体育館の鍵をもらいます。 皆さんが使う体育館によりますがこのときに来月の予定など体育館の管理者にそれとなく聞いて来月の試合の状況、メンバーが参加できるか?などメンバーに確認したいので管理者との会話も結構大事だし、旅行に行ったときなどお土産も渡すと結構良くしてくれますので管理者とも良い関係を築いています。

9時 体育館を開ける

体育館に入ったらバッシュ履いて以下の準備を始めます。

  • 電気をつける
  • ゴールを下ろす
  • 筋トレをするためにマットの準備
  • コートにモップかけ

ここまで1人でやります。練習参加のメンバーには9時20分までに体育館に着てねと伝えてあります。上記の内容だけなら1人で出来るし、苦にもならないので「体育館には9時までに来て準備を手伝え」とは言わないし、もともと私が練習したくて自分で体育館借りてメンバーに声をかけて参加してもらっているってずっと思っているからできるんです。

9時20分 連絡事項・練習開始

9時20分になったら始めます。たった一人でも始めます。メンバーが来ないな~といってダラダラシュートを打ってメンバーが来るのなんか待ちません。 というのもさっさと練習しないと練習時間が足りないので1人で始めます。

メンバーがいたら簡単に練習メニュー・今日の練習参加メンバーの確認、来月の予定を確認します。5分ぐらいですかね。重要なのはメンバーの来月予定の確認です。

来月はリーグ戦が始まる、トーナメントなど試合が重なると練習参加のメンバーが減るし、ただで体育館を借りていないのでメンバーの参加が出来ないとわかったら体育館は予約しません。

連絡事項が終ったら練習開始です。

ボールを持ってコート周りをジョグぐらいのスピードで5分間ドリブルして走ります。走り終わったらストレッチを皆でやりますので体育館について着替えたらすぐに練習に参加ができます。ほとんどの人がドリブルしながらストレッチをやって身体を動かしています。

※ドリブルのときはダッシュは禁止してます。

9時30分 ハンドリング

ストレッチが終ったら1人1個ボールを持ってハンドいリングを始めます。
ボール回しから、ボールをその場で強く叩きつけてキャッチしたりするハンドリングで小学生がやっているようなハンドリングで十分です。

9時45分 筋トレ開始

ここまで終ったら体が少し暖かくなっています。

筋トレ用にマットを引いてあるのでみんなで移動して腹筋から始まって腕立て伏せ、懸垂、チューブトレーニング、ラダーを使った筋トレをやります。この練習でみんな汗をかき始めます。

10時20分 フットワーク

ちょっと体が疲れてきたぐらいでフットワークを始めます。キツイフットワークではなくストレッチ系のフットワークを多めにやります。

10時35分 シューティング

私の練習はシューティング練習に重点を置いています。

だいたい私の練習に参加した人は100本はシュート打てます。100本でも足りないのですがシュート練習しないと試合ではシュートは入らないしゲーム形式の練習だとシュートの練習がほとんど出来ないので私の練習ではシュート練習に重点を置いています。

簡単に練習内容を話すと

45度の3Pラインの手前でパスを受けてシュートを10本決まるまで打ちます。そのあと90度に移動して同じく10本決まるまで打って終ったら反対側でも同じようにシュート打ちます。

この間にシュートを打っていないメンバー(シューターとリバウンダーを除く)は、マットで体幹トレーニングをやっていますので無駄が無く練習をやってます。

途中一区切りしたら全員でラダーをやってシュート練習を繰り返します。

11時30分 対面シュート・フリースロー

前の練習は個人のシュート練習になります。次に全員で対面シュートを30本やってからフリースローの練習に入ります。メンバーの人数に寄りますが連続で15本入るまで打ちます。

11時45分~50分 1対1、2対2

普段あまり出来ないのですがシュートがきっちり入って時間が余れば1対1、2対2の練習をやってます。1対1はオールコートでやって、2対2はスクリーンを意識した2対2です。ほとんどこの練習は時間が無くてできないのです。

シュート練習がメインで練習しているのでこの練習が出来なくても大丈夫です。

まとめ

わたしは他のチームでも練習しているので自分でやりたい練習(シュート練習)があるのでこのスケジュールで出来ます。
この練習だけでは足りないのは分かっていますが、やはりバスケットはシュートが入らないと楽しくないです。

少しでも上手くなるためにラダー、チューブトレーニングも取り入れていますのでその辺はメンバーが共感してくれて真剣に練習に取り組んでくれるので私のモチベーションアップにもなるので続けていけます。

1人でこのメニューをやったこともありますし、このへんのお話はまたどこかでブログにします。

なにか参考になる点があればうれしいです!他のチームの練習スケジュール・メニューもぜひ聞いてみたいです!

バスケが上手くなるために練習している私のバスケチームの練習スケジュール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*