ヘテムルサーバーにMovable Typeを手動インストールした

仕事でMovable Typeでリニューアルする仕事が来ましたので、Movable Typeのインストールをヘテムルサーバーにインストールしてみました。

Movable Type

URLMovableType.jp

必要な環境

Perl CGI スクリプトが使えるサーバー

ヘテムルサーバーには簡単インストールがありますが今回は手動でインストールしてみます。

簡単インストール

簡単インストール

今回は簡易インストールは使いません。

Movable Typeのファイルをゲット

個人無償ライセンス

個人無償ライセンス

個人無償ライセンスの制限事項

  • 1人のライセンス所有者が同時にインストールすることができるMovable Typeは1つまでです。 2つ以上インストールする必要がある場合は、有償ライセンスをご購入ください。
  • 1つのMovable Type内であれば、作成するブログ数に制限はありません。
  • 企業、法人や商用サイトでの試用をご希望の場合は無償のトライアルへ

メールで送られてきます

メール

URLにアクセスしてログインキーを入力するとダウンロードページへ行きます。

Movable Type

Movable Typeインストール

データベース作成

ヘテムルの管理画面から

データベース

データベース作成をする

データベース

データベースが出来たことを確認しました

データベース

Movable Type 6 のインストール

先ほどダウンロードした「MT-6_0_3.zip」を解凍をします。

Movable Type

このファイルをサーバーにアップします。

Movable Type

わたしはこんな感じでアップしました。
アップロードには時間がかかります。

パーミッション(属性)の変更

「.cgi」ファイルと「mt-config.cgi-original 」の権限を「700」に変更します。

パーミッション(属性)の変更

Movable Type設定

http://ooooooo.com/MTファイルをアップロードしたファイル名/ にアクセスします。

Movable Type設定

サインインをクリックして

Movable Type設定

使用言語はもちろん日本語

システムチェック

システムチェックで「オプションのPerlモジュールのうちいくつかが見つかりませんでした。」と表示されましたけど「次へ」をクリックします。

システムチェック
  • データベースの種類
  • データベースサーバ
  • データベース名
  • ユーザー名
  • パスワード

これらを入力してください。

接続テスト

問題が無ければ「次へ」

メール設定

メール設定が終るとアカウント設定をします。
わたしは、メールをGmailにして、メール送信プログラムを設定しませんでした。

アカウント作成

ユーザー、表示名など漏れが無いように入力しました。

URL設定

「ウェブサイトURL」「ウェブサイトパス」は確認してください。

データベースの初期化

データーベースの初期化が始まります。

データベースの初期化完了

しばらくすると完了しました。
これでインストールが終わりました。

管理画面ログイン

データーベース初期化完了したら、サインインをクリックしてログイン画面に変わります。

ログイン

ユーザー名、パスワードを入力します。

管理画面

管理画面に入りました。

ホームページ

一つ記事を書いて確認しました。問題なく動いていますので手動でインストールが出来ました!

ヘテムルサーバーにMovable Typeを手動インストールした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*