WordPressの投稿ページ内に、ログインユーザーにしか見れないメモ機能を簡単実装!

WordPressの個別記事にログインユーザーしか見れないメモ機能を追加する方法

WordPressの管理画面ではなく個別記事内でメモを残したい、複数人で管理しているなら「ログインしている人にしか見えないメモをつけたいな」とか「追記してほしい記事に注意書き」などをしたいときがありませんか?

今回はプラグインを使わないでログインユーザーにしか見れない個別記事にメモができる機能をご紹介します。

functions.phpへ記述を追加する

WordPress内のfunctions.phpの場所

WordPressのテーマファイルの中にありますfunctions.phpファイルへ追記します。

functions.php

使っているテーマによっては子テーマの中のfunctions.phpへ記述の人もいます。わたしは子テーマの中のfunctions.phpへ記述しています。

注意点!
記述を追加する前に必ずfunctions.phpファイルのバックアップを取ってください。

メモ機能を追加する記述

下記の記述をfunctions.phpへ張り付けてください。

上記の記述をfunctions.phpへ記述したら、functions.phpファイルをアップロードしてください。

ログインユーザーにしか見えないメモ機能の使い方

投稿ページ作成で

この「memo」でカッコを作ってその中に、ログインユーザーにしか見せない記述を書いて「memo」でカッコを閉じましょう。

メモ機能の使い方

この記述はショートコードで記述します。
これで確認するとログインユーザーは見えて、ログインしていないユーザーは見えません。

メモ箇所のスタイルを変える

上記のままだとログインユーザーがページ内を見ても気が付かないことがあるので少しスタイルシートで装飾をします。

メモ機能の見え方

枠で囲って「管理者にしか見えないメモ」の箇所を太文字にしてみます。

メモの箇所のhtml

全体のdivにクラスのsecret、管理者にしか見えないメモのdivにクラスのmidashiがあります。

補足
「管理者にしか見えないメモ」の文字を変えたい場合はfunctions.phpに記述したコードを変えてください。また追記したいクラス名、htmlなどもできます。

WordPress内のstyle.cssの場所

スタイルシートも先ほどのfunctions.phpと同様にWordPressのテーマファイルの中にあります。

style.cssの場所

わたしは子テーマの中にstyle.cssへ記述します。

style.css記述

以下のスタイルをstyle.cssへ記述します。

記述したら画面で確認すると枠があって、文字が太文字になっているいます。

まとめ

簡単にログインユーザーにしか見えないメモ機能が実装できます。
ショートコードを書けばできるのでプラグインの「AddQuicktag」へ追加してもいいですね!

WordPressの個別記事にログインユーザーしか見れないメモ機能を追加する方法