Web初心者がjQuery 「ResponsiveSlides」を使って自動で画像のフェードイン・フェードアウトを実装する方法(サンプル付き)

jQueryでスライドメニューを実装する方法はいくつかあります。

今回も、web初心者向けにwebサイト上で配布しているスクリプトを使ってフェードイン・フェードアウトのjQueryを実装します。

このサイトで配布されているスクリプトを使ってみます。

jQueryを動かすために STEP1

head内にいつもおなじみののコードを書いてください。

ファイルをダウンロード STEP2

サイトを下にスクロールしていくと一番下に

ダウンロード

Download the latest version from GitHub」がありますのでクリックしてください。

ファイルをダウンロード

「Download ZIP」をクリックするとふぁあいる一式をダウンロードできます。

データを解凍します STEP3

「ResponsiveSlides.js-master.zip」をサイトからダウンロードして、zipファイルを解凍します。

解凍すると
ファイルの中身
データが入っています。

「demo」フォルダが入っていてその中にhtmlファイルかありますので確認ができます。

jquery.sidr.min.jsをヘッダーにリンクさせます STEP4

※パスは環境に合わせて変えてください。

CSSを記述します STEP5

HTMLを設置します STEP6

※画像のパスは環境に合わせて変えてください。

実際に動く記述を書きます STEP7

ナビげーションをつけたかったら
「nav: false,」→「nav: true,」 にしてください。

いろいろカスタマイズが出来ますね

まとめ

[サンプル] jQuery 「ResponsiveSlides」を使ってフェードイン・フェードアウト

よくわからなかった人もいるかもしれませんが、フェードイン・フェードアウトのjQueryは、よく使われますのでぜひ試してみてください。

※firefox、クローム、IEで動いていることを確認しております。

Web初心者がjQuery 「ResponsiveSlides」を使って自動で画像のフェードイン・フェードアウトを実装する方法(サンプル付き)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*