Hoop Summitをみるとアメリカの高校生のバスケはすごいな

友達とバスケの話をしていたときに

日本のバスケは大学、社会人になると世界を相手に勝てなくなる。
スペーシングの使い方が駄目なんだって!

と興奮気味に友達が話していた。

スペーシングについて参考になるページがありました。

スペーシングを制するものが勝負を制す -スパーズはバスケ界のバルセロナか?

参考スペーシングを制するものが勝負を制す -スパーズはバスケ界のバルセロナか?

他に参考になるものがないか探していたら2014年のHoop Summitの動画がありました。

Hoop Summitとは

この大会は、世界のトップジュニア選手たちが、全米ジュニア(高校最上級生から12名を選抜)と世界ジュニア(20才以下の選手から選抜)にわかれて競うオールスターゲーム。

過去に日本からは田臥勇太選手が出場してました。
アメリカの選手は高校生で対戦相手は世界選抜の選手でハイレベルな試合です。

選手がこのHoop Summitに出場したときのページがありました。

URLYuta Tabuse in Nike Hoop Summit

Hoop Summit 2014

Hoop Summit 2014

ユニフォームが白色がアメリカチームです。
NBAみたいにダンクシュート、アリウープとかはほとんど見られませんが、NBAと違った面白さがありました。ターンオーバーとかイージーなシュートミスとかありました。

この世界大会のHoopSummitに出てプレーしても約半分がNBAに入れないです。

Hoop Summitをみるとアメリカの高校生のバスケはすごいな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*