グーグルスプレッドシートで自動でアクセス解析!

グーグルスプレッドシートで自動でアクセス解析!
google analyticsの解析データを整形してお客さんへ打ち合わせすることがあります。

でも、解析データをエクセルにコピペして「今月のアクセスは。。。。」って評価を書くことって結構大変。全部は楽にならないと思いますが、少しでも楽したい!

参考記事:「非エンジニアでも簡単!Analyticsデータをスプレッドシートで自動集計してレポート作成する方法

自動で集計してくれるなんって素敵です!
さっそく、やってみます。

photo credit: wakingphotolife: via photopin cc

スプレッドシートの準備

グーグルドライブから

グーグルスプレッドシート

赤枠の「作成」をクリックします。

スプレッドシート

スプレッドシートを選択します。

スプレッドシートにスクリプトを設定します。

スプレッドシートにスクリプトをインストールします。

スプレッドシートを新規で開いて「ツール」→「スクリプト ギャラリー」を選択します。

Google Analytics Data Fetch Functions

検索窓の中に「Google Analytics Data Fetch Functions」を入力してください。
「mikael.thuneberg@gmail.com」のスクリプトをインストールしてください。

Google Analytics Data Fetch Functions

インストールが完了したら「インストール済み」と表示されます。
これで、このスプレッドシートにアナリティクスのデータを取得することができるようになりました!

スプレッドシートにグーグルアナリティクスの接続設定をする

IDやパスワード、ビュー IDを設定します。

スプレッドシート

赤枠で囲った箇所に

アナリティクスのログイン、パスワードを設定します。

次に「ビューID」を設定します。ビューIDは、グーグルアナリティクスにログインして

ビューID

右上の「アナリティクス設定」→「ビュー設定」を選択して

ビューID

ビューIDがありますのでこのビューIDをスプレッドシートに入れてください。

解析の期間を設定する

「PV(ページビュー)」の隣のセルに下記の関数を入力します。

設定

※色で囲ったセルの位置を関数に入力してください。作るスプレッドシートによって変わってきますので気をつけてください。わたしと同じ位置で作るならコピーしても問題ありません

日付を入力すると、解析期間内のPVが表示されます。

日別データを取得

他の関数

ga:bounces (直帰数)

ga:entrances (閲覧開始数)

ga:exits (離脱数)

ga:newVisits (新規ユーザー数)

ga:timeOnPage (ページ滞在時間) ※秒で取得

ga:timeOnSite (サイト滞在時間) ※秒で取得

ga:visitors (ユニークユーザー数)

ga:visits (セッション数)

関数の参考サイト
http://www.kagua.biz/api/gaapijp.html

まとめ

これで、アナリティクスにログインしなくてもほしいデータを日付入力を変えるだけでできるようになりました。またスクリプトが設定されたシートをキレイに整形すれば時間が短縮されます!

リンク

今回、参考になったブログは
非エンジニアでも簡単!Analyticsデータをスプレッドシートで自動集計してレポート作成する方法
Google Analytics Data Export API リファレンス日本語訳

ありがとうございました!

グーグルスプレッドシートで自動でアクセス解析!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*