練習の意図をちゃんと説明しないバスケ指導はやめろ!

練習の意図をちゃんと説明しないバスケ指導は止めよう

梅雨がなかなか明けなくて、イマイチ夏を感じられませんが体育館では滝のように汗を流しています。こまめに水分補給しないと脱水症状になってしまいますよ。

参考バスケをするなら絶対にあった方が良いカバンの中にある道具のまとめ

photo credit: Double Header Basket Ball Game via photopin (license)

中学生・高校生と一緒にバスケする

最近の中学生・高校生は昔と違ってバスケをする場所・機会が増えていますね。
わたしが練習参加しているチームにも中学生・高校生が参加して大人と一緒にバスケをしています。

参加するきっかけは、インターネットの掲示板、中学生の時に指導していた教え子が先生を頼って参加したり。わたしが学生の頃と比べる本当にうらやましい環境です。

結構、バスケ人口って多い気がするけど人気などサッカー、野球に及びませんね。

高校生が自分のラダーを持っている

わたしが練習参加させてもらっているチームは、軽くアップしてからランニングシュート、対面シュート、3対3をやって練習ゲームをやります。

今回参加した高校生は途中から参加したので各自でアップしてから練習参加するように指示をされていました。ストレッチ、ハンドリング、ジョギングをやっていてそこからラダーを取り出してラダーをやっていました。

今の高校生って自分でラダーを持っているんですね。

数万円とかしないし、持っていても不思議じゃないか。

参考小学生、中学生にラダーを使った練習は必要? 大人はラダー必要?

ドリブルをしながらラダーをやっている

高校生は自分でラダーを出して軽いステップを踏みながらドリブルをしました。

練習の様子をしばらく見ているとドリブルが上手くできない、ステップがラダーに引っかかってばかりで何をしているんだろうという感じでした。

無意味ではないのですが、何の練習か分からなくて高校生に尋ねました。

わたし「これはどんな練習かな?」
高校生「ドリブルしながらラダーをするとドリブルが上手くなるって部活の先生が言っていました」
わたし「なるほどね。この練習やってどれぐらいかな」
高校生「まだ最近始めたばかりです」
わたし「ちゃんとこの練習の意図は先生は説明してくれたかな?」
高校生「。。。」

高校生は答えられませんでした。

ということでわたしが別でラダーを使った練習で今の高校生に必要かなというメニューをちゃんと意図を説明して足裁き、身体の入れ方なども分かりやすい言葉で教えました。

練習の意図を説明しない指導

練習の意図を説明しない指導

そのあといろいろ高校生に今部活でやっている練習をききました。

今やっている練習の意味が分からなかったり、なぜディフェンスの構えは腰を低くする必要があるのか、指導する人が説明できないとただ練習をやっているだけになってしまいます。

ちゃんとした指導のもと練習していると差があとあと出てきます。わたしが中学の時同じ部活でお世辞にも上手いとは言えなかった友達がいましてバスケの強豪校に入って頑張って練習して、大会の会場で見たらめっちゃ上手くなってた友達がいました。

なんでそんなに上手くなったのか友達に聞いたら、顧問の先生が徹底的に練習をさせてちゃんと説明して出来なければ怒る、どこが出来ていないのかを説明する。それと顧問がめちゃくちゃ怖いので必死で動き、練習の意図を理解するって言ってました(笑)

photo credit: A True Coach via photopin (license)

まとめ

顧問の先生がやれと言った練習だけをやっても、生徒がなぜこの練習をする必要があるのかを理解してもらわないと形だけの練習になってしまいます。バスケを指導している方は是非、練習の意図を説明してください。

説明をしなかった練習でも生徒たちは一生懸命やるので、ちゃんと説明して練習したらもっと上手くなりますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*