パソコンが壊れた? 壊れてないよ。 それはエラーページだよ。

Internal Server Error
友達からのメールで

「ネットが繋がらないからパソコン壊れたかもしれない。直しに来て」

連絡をもらった。

どんな状態かもわからないし、とりあえず今の状況を確認したいので
「どういう状態? LANケーブルとか、ちゃんとパソコンに繋がってる?」って聞いても

「説明するのも面倒だから、とりあえず来て」。

お、おぅ。

photo credit: vanz via photopin cc

確認したらエラーページだった

友達の家に行って確認したら、パソコンも、ネットもすべて正常で原因は

見たいホームページがエラーページだったから。

Internal Server Error

「Internal Server Error」

主に、.htaccessの設定が誤っていたり、cgiスクリプトの記述が正しくないために、クライアント側からの要求を完了できなかった場合、サーバからこのエラーが返される。

サーバに負荷がかかりすぎて、クライアント側からの要求を規定時間内に完了できなかった場合にも、このエラーが返される。

わたしは、仕事柄このエラーは見慣れています。しかし、見慣れていない人にとってしかも英語で表示されると「ウィルスに感染?」「パソコンが壊れた」とかびっくりしてしまうそうです。

エラーページの種類

エラーページはいくつもあります。 閲覧者側ではどうにも出来ないことがほとんどです。

Internal Server Error

サーバ内部のエラー

閲覧者対処法:アクセスしようとしたページにエラーが表示されている場合は、しばらく待ってから再度アクセスする。

Authorization Required

認証に失敗

このエラーが表示されるときは、例えば会員制のページにアクセスに「ユーザー名とパスワード」が必要になります。ユーザー名とパスワードがわからなければ「Authorization Required」と表示されます。 また認証のためのユーザー名とパスワードが間違っている。

閲覧者対処法:正しい「ユーザー名とパスワード」が必要になります。

Not Found

ページが見つからない

ホームページのアドレスが間違っている。指定されたホームページのドキュメントが存在しない。または移転している。

閲覧者対処法:アドレスを確認して、もう一度アクセスしてください。 それでもエラー(Not Found)が出るなら諦めてください。

Bad Request

不正リクエスト ブラウザのCookie(クッキー)が溜まりすぎると発生するエラー

閲覧者対処法:クッキーを削除する
参考ページ:「400 Bad Request」エラーの解決方法

Forbidden

アクセス拒否

アクセス権が与えられていない。閲覧者側ではどうにもできません。

Service Temporarily Unavailable

サービス利用不可

閲覧者対処法:時間を置いて再度アクセス

まとめ

エラーページの種類
photo credit: colorblindPICASO via photopin cc

よく見かけるエラーページですが、パソコンが壊れたわけではありません。
見慣れない英語ですが、「Service Temporarily Unavailable」とかgoogleで解決策を検索してみると自分のパソコンのスキルが上がりますよ!

Internal Server Error

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*