何の料金かわからないまま払い続けていたKDDIの支払いをやめる方法

何の料金かわからないまま払い続けていたKDDIの支払いをやめた方法

確定申告をやっていて通帳を見ながら「これはいらないな」「もう少し減らしたいな」と眺めていて、そろそろバスケで使う体育館の料金を払うかっと通帳を見たらKDDIで電話料金を払い続けていた。

電話料金

はて? KDDIって何か使ってたっけ? この通帳はバスケの体育館専用の支払いなんだけど。。。

遡ること5年ほど払い続けていた。無駄すぎる。携帯電話はドコモ、インターネットはNTTだし、KDDIを使っているものが無い。

そうなればさっさと解約しよう無駄なお金は払わん!

ID、パスワード、契約書が見当たらない

なんとなく思い出したのがインターネットで以前NTTじゃなくてKDDIを契約をしていたことを思い出したので過去に契約書、ID、パスワードの資料がどこかにあるはずと思って探したけど出てこなかった。

実際に何の料金かわからん。明細書も無いので。。。

自動で引き落としされてるし、こういうのは銀行に聞けば教えてくれるのかなと思ったけど、良く考えたら教えてくれるはずが無いのでWebサイトで調べてみよう。

auお客さまサポート

URLauお客さまサポート

契約内容を確認できない

契約内容、料金の支払いの確認をするにはID,パスワードがわからないとどうしようもない。

au IDでauお客さまサポート

ID・パスワードが分からない上に、末端持ってないし。。。。
どうにもならん。

あとは直接電話で聞くしかないな。

各種お問い合わせ窓口

「インターネット・電話に関するお問い合わせ」から

各種お問い合わせ窓口

この番号に電話してみた。結構遅くまでやっているのはありがたい。18時ぐらいまでと思ってました。

サポートセンターに電話で確認した

音声アナウンスで、「ID・パスワード、明細など分かるものを用意しておいてください。」ってあったけどそんなものはない!とりあえずオペレーターさんが出るまで待ちます。

待つこと5分。ようやく繋がった。

まず、状況を話して、ID・パスワード、明細が無いことを伝えると引き落としされている銀行名、口座番号、金額、電話番号を聞かれたので伝えたら「今からお調べいたしますのでこちらからご連絡いたしますので電話番号を教えてくださいませんか」と言われたので言われたとおりにして電話を切った。

サポートセンターからの折り返しの電話

本人確認で名前と住んでいる住所の確認をされた。
この引き落としされていたサービスが「メール」だった。

KDDIを使っていた時にメールアドレスが作れてたので使っていてインターネット解約の時にもちょっと使っていたので継続をしていたことを思い出した。今となってはすべてgmailを使っているので即解約を申し出た。

オペレーターさんが「解約と言うことですね。承りました。このお電話で解約とさせていただきます」と無事に解約が出来ました。
解約したのが1月31日だったのでギリギリ1月で解約が出来ました。1日でも過ぎていたら2月分も請求されるところでした。

まとめ

インターネットの契約の時にしっかりと契約書など取っておいて解約する時にはまとめて解約したほうが後々楽になるということが今回の件で分かった。

今携帯でオプションで「今月だけこの契約をしていただけるとさらに割引が付きます。契約していただいてすぐに解約していただいても結構です」と言って契約させて結局解約しないでずっとお金を払い続けていることもありますので解約できる時に解約しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*