バスケをするなら絶対にあった方が良いカバンの中にある道具のまとめ

バスケをするなら絶対にあった方が良いカバンの中にある道具のまとめ
バスケを中学から始めて20年程していますが、その中で「本当にこれはあったほうが良い! これを持ってて助かった!」と断言できる道具をご紹介致します!少しでも、役に立つ情報があれば幸いです。

ボール、バッシュが入るリュック系のバッグがいい!

ボール、バッシュが入るリュック系のバッグがいい!

リュックは両手が空くからいい!
前まではボストンバック型のかばんを使っていました。ボール、バッシュを持っていると不便なことがあってボールもシューズも入るリュックは良い!

このケイジャーバックを進めていましたが、私はチームの責任者で練習道具をカバンに入れるとパンパンになってしまっていました。中古ですがグレゴリーのカバンを買いました。

値段はしますが、2016年で買ったものの中で一番のお気に入りで大事に使っています。
このカバンリュックにもできるのでおススメです!

バスケするなら マイボールは必要!

バスケするなら マイボールは必要!

自分のチームで練習するときはチームで買ったチームボールがありますが、他のチームへ練習に参加するときにはマイボールが無いと不便です。練習はなかなか始まらないのでその間にシューティングなどするときにマイボールは必須です!

新しいボールを買ったら名前またはチーム名を書いておきましょう。
「子供じゃないからボールなんてなくさないよ」と思う人がいるかもしれませんが意外にボール失くしたり、体育館に忘れたりします。名前、チーム名が入っていると体育館の管理人などが保管してくれたりします。

恥ずかしがらずに名前を書いておきましょう。失くしてからでは遅いですよ。

車のタイヤと一緒でボールの空気は常にチェックしておきたい!

車のタイヤと一緒でボールの空気は常にチェックしておきたい!

バスケットボールは、結構長く使えます。2年ぐらい使っていると表面の凹凸も少なくなってきますが空気は抜けていきます。空気が無いと弾まなくなりますので、空気がなくなったときにはいつでも入れたですね。

ボールを使っていると「あれ? 弾まないな」とふと思うことがあって空気入れを持っている人が近くにいれば借りて空気を入れればいいのですが持っている人がなかなかいません。チームに一つあると便利ですよ!

あれ、腰の調子が悪いかな? ザムスト腰サポーター

バスケしていると腰の調子が悪くなるときがあります。そんなときにこのサポーターを付ければ悪化はしません。もっていると安心します。

腰痛のサポーターはザムストがいい!

これは持っていたほうが良いです。特に腰を過去に痛めたことがある人は特にオススメです。このザムストは調整もできるので急激に太ったり、しなければずっと使えます。

もっていると便利 ホイッスル

もっていると便利 ホイッスル

わたしは、練習の時の試合、本番の試合でも審判するとこがあります。このドルフィンのホイッスルは、すごくいい音です! 何回も買い換えるものではないのですがホイッスルが壊れたり、なくしたりしたらまたこのホイッスルを買います!

他のチームの練習に参加したりして、5対5の練習ゲームで審判をやるときにも重宝します。ほかのチームの練習に参加させていただくときに積極的に審判をするので笛があると審判ができます。

かばんの中が臭くならない シューズバック

わたしが使っているものではないのですが、あると便利なものでバッシュって意外に臭くなりがちです。終ったらファブリーズとか掛ければいいのですが、練習、試合が終ってかばんに入れると汗でバッシュが臭くなりますのでシューズバックがあるとかばんの中に臭いがつきません。

あると便利 テーピングが手で切れない!

手、ひざを痛めたときにそれでもバスケしないといけないときに、テーピングをつけます。 手で切ろうと思えば切れるのですが、テーピングがよじれて変な感じになるのではさみがあるとキレイに切れます。あと、はさみの刃がむき出しだと危ないのでキャップ付きのはさみがいいですよ。

突き指をしたときにテーピングをちょうどいい長さで数本切りたいときにはさみは必須です。

突き指を固定する テーピング

突き指を固定する テーピング

スポーツをやっていれば怪我はつきものです。バスケで一番あるのが付き指。あまりひどい突き指だと癖になってしまうので突き指したらちゃんと固定して直すことです。

テーピングなど賞味期限がないし、持っていても損になりません。万が一の時にも持っておくのもいいです。

時間で区切る練習には必需品 タイマー

時間で区切る練習には必需品 タイマー

練習で20秒間ラダーの練習するときにタイマーがあると便利です。体育館によっては競技用の大きいタイマーを貸してもらえますがタイマーがない練習場所もありますのであると便利です。時間が計ればキッチンタイマーでもOKです。

練習で結構時間を測ることがあるのでわたしは必須のアイテムです。

急な審判を頼まれたときにあると便利!

急な審判を頼まれたときにあると便利!

正式な試合では、チーム帯同審判があります。その時にレフリーカッターが無いと審判をすることができない試合がほとんどです。チームに1枚あれば大丈夫ですが審判をするならもっておきたいシャツです。

練習中のゲームでチームメイトがわかるように!

練習で5対5をするときに、着ているシャツの色がみんな白色だと誰が同じチームなのかわからないので、そういうときにリバーシブルの濃淡のシャツを持っていると便利です!

捻挫したときの氷嚢(ひょうのう)アイスバッグ

突き指と同様、多い怪我が捻挫です。 捻挫をすると捻挫したところが熱を持って腫れてきますのでアイシングは必要です。スポーツセンターとかで怪我したら受付で氷をもらえるので、このアイシングバッグがあると便利です。

塩分取れ! 足がつらなくなるぞ! 伯方の塩

バスケの実業団に所属している選手から教えてもらいました。練習、試合中に手のひらに一振りしてなめる。足がつらなくなるそうです。
※塩なら何でもいいみたいです。

かばんの中を整理整頓

かばんの中を整理整頓

テーピング、はさみ、タイマー、塩などをまとめて入れておくかばんがあると便利です!

バスケのあとの身だしなみ!

バスケ終ったら、チームメイトとご飯を食べに行くことがあります。
練習の後なので汗をいっぱいかいています、もしご飯の席に女の子がいて臭ってほしくないほしくないですね。身だしなみ大事ですよ。

練習前、試合前にお腹がすいたら

練習前、試合前にお腹がすくことがあります。本音はガッツリ食べたいけど動けなくなるのでゼリー状のものを食べたりします。

これから寒くなりますのでこれが無いと手が冷たくてしょうがないです。

これからの時期、試合前の待ち時間にホッカイロで手を温めるといいですよ!

まとめ

ただバスケをやるんじゃなくて少しでも快適にバスケをするためにいつもカバンの中に入っています。まだ紹介していない物もありますので少しずつ紹介していきます!

バスケをするなら絶対にあった方が良いカバンの中にある道具のまとめ