2014年のバスケを振り返る1年間の反省と来年への課題

2014年のバスケを振り返る1年間の反省と来年への課題

今年もバスケが出来る日にちがなくなって来ました。
上手くいけば5~6回出来ればいいかな(試合も合わせて)。

さて2014年のバスケを振り返ってみると色々トレーニング器具を買ったり、ジム行ったり、水泳を取り入れたりしてきました。この一年で「バスケ上手くなったかな」と振り返るとあんまり実感が無いですね。

  • 前よりシュートが入るようになった
  • 走れるようになった
  • ゴール下の肉弾戦に参戦できるようになった

とかメンバーに言われるけど自分では分からないかな。
あえて自分でこの一年を考えると

大きな怪我無くバスケを一年出来たこと

目標ではなかったのですが何とかバスケを休み無く出来たのがよかったです。
怪我をしてしまうと後退するのでなるべく長期の怪我をしないように気をつけました。

photo credit: ChadCooperPhotos via photopin cc

課題を持って練習した2014年

自分の課題「自分から攻め込めてジャンプシュートを決める」でした。
1試合通してコレが出来ればいいんですが試合終盤になるとどうしてもジャンプシュートが撃てなくてブロックされたり、ディフェンスを振り切ることが出来なかったので2015年もこの課題で頑張りたいと思います。

2015年への課題

今考えているのが下記です。

  • バスケの練習回数を増やす
  • 腰を上下に動かさないでステイローを意識する
  • ベンチプレスで脚力強化

バスケを上手くなるには「バスケの回数を増やす」ことです。これが上手くなるための第一条件!次に疲れてくると腰が高くなるので低い姿勢を意識する。あとは足に負担をかけてここぞと言う時にも上へ高く飛べるようにしたいですね。

スコアをつける

私の尊敬している選手がスコアを毎回記録をしています。
試合のスコアは当たり前ですが、練習内での10分ゲームの5対5の個人成績を手帳につけています。

モチベーションアップにもなるし、基準にもなりますね。
得点だけだと自己満になってしまうので

  • メンバーの名前
  • 自分の記録(得点、アシスト、リバウンド、スティール)
  • 自分が付いていたマークマンの名前
  • 試合結果のスコア
  • 自分のモチベーション・感じたこと

毎回練習参加しているとたまに同じチーム、同じマークマンを付くことがあります。こういう記録をつけていると前回10分ゲームで6点取ったけど今回は0点だった。

なぜ0点だったのか?を考えて次の試合に臨めます。

ただバスケをやるだけじゃなくて対策、自分で考えるバスケが出来るようになるそうです。

2015年は私も記録をつけます!

まとめ

自分で「いつ引退するんだろう?」とたまに考えたりしますが、まだまだ「バスケが上手くなりたい!」の情熱が大きいので来年もやったります!

大学生とか、高校生とか対戦する機会もあるのでまだまだ負けませんよ!

2014年のバスケを振り返る1年間の反省と来年への課題

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*