日本バスケットボール協会から「15歳以下でのマンツーマンディフェンス推進」について発表されたぞ

以前のエントリーで「バスケの15歳以下のゾーンディフェンス禁止について」について書きましたが日本バスケットボール協会(JBA)の公式サイトで重要項目として上がっていましたのでいよいよ本格的に動き出しましたね。

日本バスケットボール協会から「15歳以下でのマンツーマンディフェンス推進」について発表されたぞ

URL【重要】15歳以下でのマンツーマンディフェンス推進について

「15歳以下でのマンツーマンディフェンスの推進(=ゾーンディフェンス禁止)」については、提案の中でも最も重要な施策の一つと考えています。

結構本気ですね。最重要項目としていますね。

photo credit: Keflavík vs Tindastóll via photopin (license)

日本のバスケットボールが強くなるため

ゾーンディフェンスは一応、世界の強豪国では16歳以下のゾーンディフェンスを禁止しており、国際バスケットボール連盟もミニバスでは禁止しているいるので日本でも実行されるようになります。

日本バスケットボール協会は1対1で守れないのでゾーンディフェンスをしてバスケをしているところが多いので世界と戦えないと判断したのでしょう。

マンツーマンディフェンスの効果

ゾーンディフェンスを禁止にしてマンツーマンディフェンスをした場合の効果は

  • 1対1でバスケットボールを楽しむ
  • 個人のスキルアップを図る
  • 状況判断力、理解力を高める
  • 想像力を養う

1対1ってわたしの考えではかなり面白いです。めちゃくちゃ上手い人と1対1するとコテンパンにやられますが目標となる相手が見つかって「練習して上手くなって勝ってやる」って思います。

この結果

  • 強力な1対1の突破力、得点力のある選手が育つ
  • ディフェンスで相手を止められる選手が育つ
  • 高い運動能力を持ち、オールラウンドに活躍できる選手が育つ
  • マンツーマンディフェンスの強化により、将来的なゾーンディフェンスの活用を含めた総合的なディフェンス力の強化が実現する

日本バスケットボール協会は考えており、マンツーマンディフェンスを推進を決定しました。

導入時期は?

推進と言ってもいつかは実施されるのでその時期(案段階です)についても書いてありました。

実施時期のイメージ案です。確定ではありません。

導入時期

案段階ですと来年の全国ミニ大会、Jrオールスターから実施されますね。

準備期間が短くないか?

全国大会から導入予定ですが、地方大会から各チームが準備しないといけないですね。どのチームも全国を目指して頂点を目指すわけですから。

予定ですと今月から動き出して「マンツーマンディレクター養成」が動き出してますね。

大きなルール改正

これだけ大きな改革なのでバスケットボール協会は定期的に小、中学校、ミニクラブなどに公式の審判員など派遣してやらないとこのルール改正は難しそう。

後日に書きますが、マンツーマンディフェンスでも単なるマンツーマンをすれば問題ないと思いがちですがルールがあります。ルールを破ったら罰則がありますのでこの辺についても書いていきます。

罰則とは「指揮を執るコーチのテクニカルファウル」がコールされますので注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*