バスケで痛めた腰痛のサポーターはザムストがオススメです!

腰痛のサポーターはザムストがいい!

昔、重いものを持ち上げているときにぎっくり腰をやってしまったことがあります。

それ以来、腰には気を使って重いものを持ち上げるときには、一度座った状態で荷物を持ってから持ち上げるようにしています。

絶対に、立ったまま腰を曲げて下にある荷物を持ち上げないように!

腰痛の原因ですよ。

photo credit: captain simon’s mandolin via photopin cc

普段からケアをする

必ずストレッチをやってから運動をしています。5分でもいいのでストレッチをやってから運動を開始したほうがいいです。
運動前でなくても、例えば普段からお風呂出てからストレッチしたりして習慣にしています。

あとは、体が疲れてきたなっと思ったら、塗り薬塗ったり、湿布などを貼っています。

腰痛が起こる原因

普段の生活、運動しているときでもストレッチ、体のケアをしていても腰痛は起こります。

自分の腰痛の原因は姿勢が悪いが原因だと思っています。

姿勢が悪い
photo credit: spinspin via photopin cc

右側の人みたいにドンと座って仕事したり、猫背だったりとか原因はあります。

使っている腰痛のサポーター

姿勢を気をつけたりしている人でも腰痛になる人もいます。 では腰痛になってしまったらどうすればいいの?
まずは、腰痛がこれ以上ひどくならないようにサポーターをして腰を固定させることです。

バスケをやっている人で、腰痛になる人もたくさんみてきました。そのなかでバスケをしながらサポーターをしている人が使っているサポーターがあります。

なぜザムストの腰サポーターがいいの?

わたしも使っているザムストの腰サポーターは、腰をしっかり固定できて自分で調整することができるからです。

病院で自分専用の腰のコルセットを作ってもらうことも可能ですが、わたしの周りにオーダーメイドのコルセットを使っている人がいなかったのでわかりませんがザムストの腰サポーターを使っている人が多かったので買いました。

ザムスト

全部広げるとカメラに収まらなかったので。

ザムスト

ここでも固定の調整ができます。

ザムスト

裏はメッシュ素材なので、使ったらファブリーズ使えば臭くなりません。

まとめ

腰を痛めないのが一番良いのですが、痛めてしまったものはしょうがないです。これ以上悪くならないようにザムストの腰サポーターでしっかり固定しましょう!

自分で調整ができるので、腰痛のサポーターで悩んでいる方、試してみてください。僕はこれを付けてバスケしています!

腰痛のサポーターはザムストがいい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*