膝裏が痛いときのストレッチ方法

膝裏が痛いときのストレッチ方法

ストレッチで座って前屈をすると左の膝裏が突っ張るように痛みがあります。

運動をするときは必ずストレッチはやりますし、いきなりの運動はしていないのでこれといった原因が分かりません。バスケの練習をしすぎか?それとも試合中・練習中に誰かと接触したりしたかな。

photo credit: ejmc via photopin cc

腓腹筋外側頭の疲労

「腓腹筋外側頭」の疲労は、伸展機構の機能低下が最も考えられ要因だと言われました。
ちなみに、伸展機構というのは大腿四頭筋から脛骨粗面までの事を指し、膝の皿や、腱等が影響していたり、膝の曲げ伸ばしをする役割を果たしているそうです。

この伸展機能が低下することで、ひざの前側が痛くなって、膝の前側の痛みを、体が自然とカバーしょうとしするのです。
要は、後ろにある「腓腹筋」がをれをカバーするために負担がかかりすぎちゃって、 膝の裏側が痛い症状が現れるたようですね。

痛い箇所が膝の前側で、痛みをカバーしようとして膝裏に負担がかかって痛みが出ている状態ですね。
バスケの試合で膝裏を蹴られたり、踏まれたりすることがないし膝の前側を痛めた記憶もないので気が付かない間に膝の前側の痛みが蓄積されてその影響で膝裏に出てますね。

ストレッチ

膝の裏が痛い場合は腓腹筋外側頭の疲労が考えられるので、一日5分でいいのでストレッチをしましょう。

こういったストレッチでも痛みを感じることがあります。痛みがあったらすぐに止めるんだけど、ストレッチで痛みがあるのは筋肉組織が硬くなっていて、柔軟性がなくなっている状態だから痛みがあっても少しでも時間をかけてストレッチをすれば柔軟性が付いてくるので続けましょう!

まとめ

身体のどこかしら痛みがある場合は、すぐに対応すること。病院、薬、ストレッチでもやれることはあります。放置すると痛みをカバーするために他の箇所に負担がかかってしまいます。

痛み出したら早めの行動です!

膝裏が痛いときのストレッチ方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*